2017年7月29日土曜日

ウンモンツマキリアツバ



ハミスジエダシャク 翅三条枝尺蠖

Hypomecis roboraria displicens (Butler, 1878)


シャクガ科(Geometridae)
エダシャク亜科(Ennominae)
〇2017.07.29 里山(♂)

  • 色合いが少し違います。


〇2017.06.10 里山

 

ウスバキトンボ 薄翅黄蜻蛉

Pantala flavescens

Libellulidae トンボ科
〇2017.07.29 里山(♂)

○2012.07.03 近所で(♀ 写真の追加)

  • この個体も、腹部、尾部の様子から♀のようです。


○2007.07.01 陸平で(♀)



2017年7月15日土曜日

アカボシゴマダラ 赤星胡麻斑(蝶)

Hestina assimilis assimilis (Linnaeus, 1758)
名義タイプ亜種・大陸亜種
生態系被害防止外来種

Nymphalidae タテハチョウ科
Apaturinae コムラサキ亜科
〇2017.07.15 里山

  • ヤマカガシの死骸に口吻を伸ばしていました。


〇2017.06.17 里山

  • 3齢ほどでしょうか。


○2016.06.19 雪入ふれあいの里公園(幼虫)
  • オオムラサキやゴマダラチョウの幼虫と似ているのですが、尾端の突起(尾角というのでしょうか)を閉じていて、背中の突起が4列あるので、アカボシゴマダラですね。

○2014.08.03 茨城南部(夏型)

  • 茨城南部にも進出しているのですね。
  • コナラの樹液に集まっていました。

○2012.06.07 東京都青梅市で(春型:白化型)
  •  コナラの樹液にはいろいろな虫たちが集まっています。

  • キアシナガバチを翅を広げて威嚇します。 

  • ゴマダラチョウの春型♀の白化型と思ったのですが、匿名さんからご指摘があり、アカボシゴマダラに訂正しました。
  • 最初は、エゾシロチョウかと思いましたが、一番上の写真に翅の表側が撮れていますが、よく見ると違いました。暫く、図鑑を調べて、ゴマダラチョウの白化型まで、ようやく辿り着いたので、そのまま載せてしまいました。ところが、手持ちの図鑑にはありませんでしたが、分布から考えても(ゴマダラチョウの白化型は東北のようです。)、アカボシゴマダラの春型のようです。よく見ると、後翅の外縁近くが少し赤いような気がします。
  • 初見のアカボシゴマダラが白化型=春型とは!
  • このチョウは外国から持ち込まれたもののようです。

【参考】 あおもりの蝶たち



ツノトンボ 角蜻蛉

Hybris subjacens

アミメカゲロウ目
ツノトンボ科
Ascalaphinae亜科
〇2017.07.15 里山 ♂



  • やっと♂ですね。 


2011.09.07 近所(孵化)


  • 草刈りをしていたら、これはなに?と云う感じで、ヒメムカシヨモギにびっしりとついていました。
  • アリジゴクに似ているので、アミメカゲロウの仲間と思いましたが、なんとツノトンボの幼虫でした。(その後、調べたのですが、キバネツノトンボ、オオツノトンボの幼虫との区別が分かりませんので、ツノトンボの類の幼虫となります。)ただ、時期的には、ツノトンボか?
  • この幼虫は、すり鉢状の巣を作らず、石の下などに生息しているそうです。(ウィキペディア)

○2010.10.22 庭でうろついていたこれは?



2011.09.03 雪入ふれあい公園で(♀)

  • 一緒に観察会に参加した男の子が捕まえたものを、撮らしてもらったものです。
  • あまり出来がよくないので、また、見つけたいものです。♂は赤っぽいそうですので、こちらも見つけたいです。



2017年7月9日日曜日

モノサシトンボ 物指蜻蛉

Copera  annulata (Selys, 1863)


Platycnemidae  モノサシトンボ科
Copera  モノサシトンボ属
○2007.08.11 ♂♀

○2007.08.11 厳美渓で(♂♀)

○2006.07.29 七ツ洞公園
  • ♂の腹部9,10節が白くなっている。


コアシナガバチ 小脚長蜂

Polistes snelleni Saussure, 1862


262130610000
Vespidae スズメバチ科
〇2017.07.09 巣

○2014.04.08 庭で(女王蜂)
  • 15mm以上
  • 今年は、レンギョウで巣をつくるつもりでしょうか。

○2010.05.05 庭で(女王蜂)
  • 家のクジャクシダに、コアシナガバチが巣を作り始めました。
  • Gmaには、巣を攻撃しなければ、襲っては来ないといっているのですが、どうなることか。


2017年7月8日土曜日

コオニヤンマ 小鬼蜻蜒

Sieboldius albardae Selys, 1886

Gomphidae サナエトンボ科
Sieboldius コオニヤンマ属
〇2017.07.08 茨城県 ♂

  • 目の前の杭に止まってくれました。
  • 頭部後縁に一対の三角状の突起があり、小鬼の名にふさわしいですね。


○2016.07.05
  • 幅広の枯れ葉型の面白い形です。

○2013.06.29 茨城南部で(♂)
  • 久しぶりです。
  • キタテハを捕食していました。
  • 下から見上げていると、キタテハの翅がヒラヒラと落ちてきました。

○2006.06.17 七ツ洞公園で(♂)
  • 後脚がやたら長くみえます。



モートンイトトンボ モートン糸蜻蛉

Mortonagrion selenion

イトトンボ科 Family Coenagrionidae
モートンイトトンボ属 Genus Mortonagrion
〇2017.07.08 茨城県
♂未成熟
♀成熟
♀未成熟
○2016.07.05 茨城県
  • 環境省 準絶滅危惧 Near Threatened (NT)
  • イギリスのトンボ学者Kenneth Morton(ケネス・モートン)氏にちなんで 

茨城県 準絶滅危惧


モモスズメ 桃天蛾、桃雀蛾

Marumba gaschkewitschii echephron (Boisduval, [1875])
チョウ(鱗翅)目>スズメガ科>ウチスズメ亜科


〇2017.07.08

○2011.06.24(♂♀ 写真の追加)


  • 下の2枚は別個体。♀で触角の形状も異なる。


○ 2011.07.31 近所で(♂)
  • 残念ながら、後翅の桃色はあまり見えません。
  • それでも、手乗りになってくれた愛い奴です。
  • 学名は、日本産亜種で、原名亜種は北京や中国東部にいるようです。